前橋レンガ・ストーリー vol.2 「前橋レンガ・プロジェクト第1章」

Twitter Facebook LINE

目次

    前回は、前橋の歴史とレンガについての記事でしたが、今回は「レンガ」に焦点を当てた「前橋レンガプロジェクト」についてご紹介です。

    前橋の近代化は生糸産業であり、建築物も「レンガ」を採用していた背景から、前橋は「レンガ」の建物がよく見られる。

    「レンガ」を促進するのに前橋市が策定している「前橋市アーバンデザイン」の上位関連計画に前橋らしい風土の継承水や緑、歴史等の環境資源が有効に活用され、快適な環境が創出されるまちが計画されている。さらに、前橋まちなかエージェンシーがデザインコードとしてレンガを用いる働きかけをしている。(前橋デザインプロジェクト)

    iOS の画像 (14)

    外側だけでなく、中庭に通じる箇所も含めてレンガを使用しており建物に温かみを感じる。(なか又)

    他にも石井設計が手掛けたデザイン性の高い桃井小学校がある。レンガを挟んで、光は遮り風が吹き抜けるという素敵な構造となっている。

    iOS の画像 (9)

    透かし積みとして近くの前橋市地方合同庁舎も同様にレンガの透かし積みが見られる。夏はレンガに水を流し、気化熱で気温を下げるという環境にもエコな仕掛けが可能となっている。

    iOS の画像 (7)

    このレンガの透かし積みは、今後完成予定の前橋市新議会棟外観イメージ図にも見られる。(市役所HP参照)

    スクリーンショット 2021-07-13 10.48.14

    前置として、レンガを採用している建物を紹介しましたが、本題である前橋レンガプロジェクトについてご紹介!!

    前橋レンガプロジェクトとして2000年にミレニアムレンガと題して、名前やメッセージをレンガに入れるイベントが行われた。これは前橋中央イベント広場の足元をふと見てみると。。。

    iOS の画像 (12)
    iOS の画像 (13)

    多くの方が、メッセージや名前を入れているレンガは2021年の今でも綺麗に残っている。いろいろな表現で思い思いのことが書かれている。

    今回の前橋レンガプロジェクトは、現在改修工事が行われている広瀬川河畔にて前橋市アーバンデザインのモデルプロジェクトとしてレンガを用いた歩道整備に伴い、文学館周辺に名前を刻んだレンガを敷設する予定である。

    前回のミレニアムレンガと違い、レンガに書くのではなく、レンガを掘るため、また違った思い出に残るレンガとなることでしょう。

    スクリーンショット 2021-07-13 11.12.10

    この機会にぜひあなたの名前を未来に残しませんか。

    詳しくは、こちらをご覧ください。

    次回、前橋レンガプロジェクトの今後について

    ご意見等ございましたら、Contactよりお問い合わせください。

    おすすめ記事

    • 前橋レンガ・プロジェクト

    ステキになった広瀬川河畔をみんなでかざろう!!ワークショップ開催

    2022年4月14日(木)、17日(日)、23日(土)の3回に分けて、広瀬川に飾るプランターや樹名板そしてガーランドを作るワークショップを開催しました。 前橋市アーバンデザインの一環として、広瀬川河畔遊歩道に設置するプランターを市民が制作して、まちづくりに関心を持ってもらえるようにと企画しました。

    • 前橋レンガ・プロジェクト

    前橋レンガ・ストーリー vol.8 「キッズ向けレンガ作り体験」手作りレンガを広瀬川河畔に敷き込みました!

    年末にみんなで型抜きまで行い、1月末に火入れをしたレンガが無事に焼き上がり、広瀬川河畔に手作りレンガの設置をしました。 (1)窯出し 令和4年2月10日(木)に甘楽町の「だるま窯」で窯出しを実施しました。1月末に火入れを...

    Contact

    MDCは、あなたの一歩を
    待っています。

    非営利の民間法人であるMDCはみなさまの会費のみで運営されています。
    (年会費 :[法人]正会員5万円~、賛助会員1万円~ /[個人]正会員3万円~、賛助会員1万円~)
    まちなかの活性化に向け、共にまちづくりを進めることにご興味のある方は、
    下記ボタンよりご連絡をお願いします。