前橋市アーバンデザイン MAEBASHI URBAN DESIGN

前橋市アーバンデザインとは、
まちなかの「なりたい姿」を
わかりやすくまとめた指針です。

about

「めぶく。」を目標とした戦略図

前橋ビジョン「めぶく。」に基づく中心市街地のエリア戦略として、前橋市が2019年「前橋市アーバンデザイン」を策定。

市が中心となり、地元(石井設計・石井アーバンデザインリサーチJV)が海外(米国 ZGF)の専門家の力を借りてまとめたまちなか158haの「なりたい姿」。

同年に前橋商工会議所が策定したまちづくりの指針「Green&Relax」が言葉を駆使したものであるのに対して、ビジュアルな表現を含めた共通認識を示したもので互いを補い合う性質のものです。

前橋市ホームページ

MDC Maebashi Design Commisssion

前橋デザインコミッション(MDC)は、「 前橋市アーバンデザイン 」の推進組織として様々な活動に取り組んでいます

  • まちづくりプレーヤーの支援・発掘・育成
  • アーバンデザインの定着・ブラッシュアップ
  • 都市再生推進法人としての事業

our-direction

「前橋市アーバンデザイン」では

将来像として3つの方向性が示されています

eco district

環境性と
快適性の両立

都市の便利さと自然と暮らす居心地の良さを兼ね備えた状態。

従来型のコンクリート化優先の土木工事や人間性を無視した自動車優先の交通デザインから脱し、環境に配慮した人が集う場所としての都市の本来価値に回帰しようという新しいチャレンジ。

mixed use

常に
活気あるまち

複合用途のまちづくり。

日中は人気(ひとけ)のない「住宅地」や、日中しか人がいない「オフィス街」のような単用途(シングルユース)ではない、住まい・職場・お店・学校などの用途が偏らずに存在することで、常に活気のあるまちを目指す。

local first

前橋らしさの
共有

地域特有の「人・モノ・情報」に着目して持続的な地域の魅力を作り出す考え方。一般的な「地産地消」的な資源の発掘にとどまらない成長性を重視し、「地域への賛同者」を集めて「前橋らしさ」を認識・創出するもの。

history

前橋城再築や臨江閣建設など

官民連携の長い歴史に基づいています

2016

前橋ビジョン「めぶく。」策定

2017

米国ポートランド市へ官民で視察

前橋市「前橋市アーバンデザイン」
前橋商工会議所「Green&Relax」策定のきっかけとなる

2018

「前橋市アーバンデザイン」策定開始

まちづくり関係者延べ200人で複数回
ワークショップを開催 (2018-2019)

2019

「前橋市アーバンデザイン」策定

「Green&Relax」策定

モデルプロジェクトである「広瀬川河畔緑地整備」開始

前橋デザインコミッション (MDC)設立

2020

MDC都市再生推進法人指定

先進的まちづくり大賞・国土交通大臣賞受賞

2021

国内初 まちづくりSIB(ソーシャルインパクトボンド)組成

「馬場川通りアーバンデザイン
プロジェクト」開始

「前橋レンガ・プロジェクト」開始

「アーバンデザイン大賞」開始

2022

「前橋市アーバンデザイン」が
グッドデザイン賞受賞

まちなかのめぶき

アーバンデザインなお店や取り組みをご紹介

DIPS.A 前橋まちなか店

入り口がガラスで通りからの見通しが良く、明るく開放的な印刷ショップ。前橋の近代化を支えた「レンガ」を効果的に用いた建物で前橋らしさが感じられます。入口付近は大きな鉢植えでグリーンを感じられます。ワークショップの開催もあり...

本の家2

ガラス窓が多く、店内の様子がよく見通せる絵本専門店。通りからは季節の絵本のディスプレイを楽しめます。「今の子ども」にも「子どもだったおとな」にも楽しい「知の交流の場」として、2,500冊ほどの絵本がそろっています。 アー...

和む菓子 なか又前橋本店

前橋の近代化を支えた「レンガ」を効果的に用いた建物で前橋らしさが感じられるお店。 全方向ガラス張りでディスプレイや店内の作業の様子も楽しめることから、思わず足を止めて覗きたくなる店構えです。オープンな工房で和菓子を作って...

白井屋ホテル

建物内外にグリーンがあふれたホテル。創業300年の歴史ある老舗旅館「白井屋」を大胆にリノベーションした、食文化とアートの発信源。緑の丘のようなグリーンタワーが印象的です。各客室ではそれぞれ異なった作家のアート作品を楽しむ...

more soup

広いガラス窓で通りから店内が良く見通せる店構えです。無農薬野菜を育てている農場「KABA FARM」による『もっと食べたくなる、畑から生まれたスープ』をコンセプトとしたスープ専門店。規格外野菜を材料とすることで、フードロ...

Sante!

通りに面したカウンターや、店先に出したテーブルでお弁当やスープ、スムージーを販売しています。共愛短期大学と共同でスープメニューを考案。お弁当には、環境に配慮した植物原材料のトレーを使用しています。 よくばり弁当が人気。 ...

Food & Bar estilo libre (エスティロリブレ)

築50年ほどの建物がリノベーションされ、素敵に生まれ変わりました。店舗外にある配管等は木板での目隠しによって、広瀬川の風景に調和するように工夫がされています。前店舗も広瀬川沿いに15年ほど営業した地元に愛されているお店。...

グルマンカレー

広いガラス窓から広瀬川の風景を楽しめるお店。外壁面に木材を用いることで、広瀬川河畔と調和した店構えです。移動不可能なシャッターにロゴをデザインすることで、アイキャッチとして上手に活用しています。 16種類のスパイスで味付...

はるぱん

レンガを表札や入り口の階段に用いることで前橋らしさが感じられます。空き家をリノベーションすることで新しくめぶいたお店。解体・建築時から地域や地元学生を巻き込むことで、開店後も様々な世代の交流の場となっています。 パンとコ...

一覧をみる

アーバンデザイン大賞

「前橋市アーバンデザイン」の考え方に沿った建設物や活動を選び推奨し、「前橋らしさ」を作り出すために、アーバンデザインの好例(いいね!)を積み重ねることで、コンセンサス(共通理解)を作り出すことを目的とします。

まちなかに関わりのある高校生からシニアの審査員に参加していただき、それぞれの視点から最もアーバンデザインにふさわしいものを選んでいただきました。

2023 年度からアーバンデザイン大賞が変わります。 詳細はこちらをご覧ください。

2022受賞店舗

Contact

MDCは、あなたの一歩を
待っています。

非営利の民間法人であるMDCはみなさまの会費のみで運営されています。
(年会費 :[法人]正会員5万円~、賛助会員1万円~ /[個人]正会員3万円~、賛助会員1万円~)
まちなかの活性化に向け、共にまちづくりを進めることにご興味のある方は、
下記ボタンよりご連絡をお願いします。